キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 宮城県の家を任意売却する前に : 宮城県の不動産任意売却のこぼれ話
宮城県の不動産任意売却のこぼれ話メインイメージ

宮城県の家を任意売却する前に、住宅ローン返済の条件変更が出気ないか、個人再生できないかなど家を手放さない方法がとれるか検討してみましょう。

宮城県の家を任意売却する前に

宮城県にて住宅ローンを利用した家に住んでいる場合、そのローンが支払えなくなったらどうするのでしょうか?
基本的に住宅ローンを利用することができる人は、完済させる支払能力があると認められている場合であって、住宅ローンを利用する側としても、支払ができるという予測の元で利用するものです。

しかし、住宅ローンが返済できなくなるというケースもあり、その場合の手段として家の任意売却があります。
関連ニュース:住宅ローンが返せない?借り易く返しにくい住宅ローンに返済困難続出

任意売却というのは、宮城県の家を売却して住宅ローンを返済するという方法なのですが、任意売却をする前に考えられることはあるのでしょうか?
任意売却をするということは家を失うことになります。

せっかく建てたマイホームですから、できれば手放したくないと考えるものだと思います。

もしも、住宅ローンの返済が難しくなりそうだと予想がついたのであれば、 まずは一番に何とかして家を残すことができないかということを考えてみましょう。

家を残す方法としては、まずは最も考えられる方法としては、住宅ローンの返済について、支払条件の変更を申し出ることです。

住宅ローン以外に借入がない様な場合、返済計画の変更を受け入れてもらえる場合もあります。

住宅ローン以外にも借入があった場合には、個人再生という方法が考えられます。

個人再生とは、裁判所を介して行う手続で、再生計画を認可してもらうことができれば債務を5分の1に減額することができ、返済については3年から5年で支払うことが可能となります。

そしてもう一つの方法は、自己破産をして家を親族に任意売却をする方法です。

親族の協力を得て、再度住宅ローンを組む、もしくは、賃貸という形という方法で家を借りることができれば、家に住み続けることができます。

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

CONTENTS