宮城県の不動産任意売却のこぼれ話メインイメージ

宮城県の家を任意売却するとは、住宅ローンを提供している債権者となる金融機関の同意を得て売却することをいいます。

宮城県の家の任意売却とは

宮城県に住んでいて、その家を住宅ローンを利用して建てていた場合、当然毎月そのローン返済をしていかなくてはなりません。
もしもローン返済ができなくなった場合の手段として任意売却をするという方法があります。

任意売却というのは、住宅ローンを提供している債権者となる金融機関の同意を得て売却することです。
しかし、全ての滞納者に可能というのではなく、
ローン返済を三ヶ月以上滞納している
債権者から残債の一括請求をされている
競売開始決定通知が届いている場合が対象となります。

一括請求をされているのに関わらず、そのまま何も手だてを取らずにいると債務者の承諾を得ることなく競売にかけられることになります。

よって、債務者は一括請求をされた時点で速やかに宮城県の不動産コンサルタントや司法書士などに相談する様にしましょう。

この場合、債権者との交渉がポイントとなりますので、任意売却を専門的に請け負っているところに依頼することが重要です。

任意売却は、債務が返済できず超過状態の不動産を売却することですが、任意売却したからといってその多くは住宅ローンの残額の方が多く残るケースがほとんどです。

しかし、この残債については無理無く返済できる様に交渉することができるし、支払のできないローンの不足分を支払うことなく家を売ることができるので、安く手放さなくてはならない競売にかけられるよりも結果的にはこの手段が最適な方法と考えられます。

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

CONTENTS