キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 宮城県の家を任意売却した後 : 宮城県の不動産任意売却のこぼれ話
宮城県の不動産任意売却のこぼれ話メインイメージ

宮城県の家を任意売却した後、残務については無理の無い返済計画を、返済が難しい場合は自己破産をして新しいスタートを考えていきましょう。

宮城県の家を任意売却した後

宮城県に住宅ローンサービスを利用して家を建てたが、やむを得ない事情で任意売却をした場合、その後のことはどうなるのでしょうか?
任意売却をしたからといって、支払えなくなった住宅ローンが完済するわけではなく、また、住宅ローンの残債を支払わなくて良いということではありません。

任意売却をしたケースのほとんどが家の売却だけではそのローンを精算することはできないと言われており、その残債を無理無く返済するためにも、高く家を売却できる任意売却が最も良い手段なのですが、それでも住宅ローンの残債を返済できないという場合もあります。

住宅ローンの残債については、月々5000円との定額での分割払いに応じてもらえる場合もあるので、返済をまた再開することができるでしょう。

しかし、どうしても残債を精算できないというケースもあり、その場合、残された手段として自己破産をするという方法があります。

自己破産というのは、借金を返済できなくなった人に対する国の救済手段であり、裁判所にて支払が不可能であると認定されれば免責され、残った債務について支払をする必要がなくなります。

自己破産と言うとイメージが良くなく、できるだけ避けたいと思う人もいると思います。

しかし、自己破産をした場合、残された財産については生活に必要最小限の物以外については手放さなくてはなりませんが、どうしても返済ができない場合、他の借入がある場合などは自己破産をする方が新たなスタートを切ることができて最善と考えられるでしょう。

誰かに知られると言う心配もないので、気に掛けずそのまま宮城県に住むとことも可能です。

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

CONTENTS